FC2ブログ
サイクリング情報-Team29チャレンジ
このサイトでは、Team29編集長のSGが関東近郊、やがては日本中を自転車で疾走、日本中そして世界中の自転車を愛する人に向けて、役立つサイクリング情報を提供していきます。

寒い時期のサイクリング

2004年の秋頃から趣味としてサイクリングを始めましたが、12月末から2月位までは寒い日が続き、サイクリングをしない方が賢明かと思っています。


ところがまだ寒くなっていないのにもかかわらず、ここ1ヶ月位、サイクリングをしていません。。ウオーキングにはまっていたり、忙しかったりと理由はありますが、サイクリングのオフシーズンが控えているので、そろそろ自転車に乗りたくなってきました。


しかし、明日の天気予報は曇り時々雨という予報です。。明日の予定はどうなるものか・・・と思っています。


過去の長距離サイクリングのネタはまだまだありますので、今後も記載していきますが、リアルタイムでサイクリングの結果をのせることができれば更にいいなと思っています。


今年の秋はまだ長距離サイクリングをしていないので、計画をたてなくてはいけないなと思っています。(編集長SG・記)
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2007/10/08 01:22】 | 徒然にサイクリング

山梨県から埼玉県へサイクリング

2006年10月某日。山梨県の上野原にある「ルートイン」というホテルに宿泊した翌日、7時前に起床しました。その理由はホテルの朝食バイキングを食べる為です!


普段の朝食はシリアルを少々、または牛乳をコップに一杯だけという質素なものなので、ホテルに宿泊した日の朝食は大変楽しみです。


バイキングで好みのものを選択して、おいしくいただきました。朝食後は大浴場にもつかり、サイクリング旅行の二日目が始まりました。この日は埼玉県川口市にある実家を目指します。距離はざっと80キロです!


今までで一番長い長距離を走る上に、序盤は山道が続きます。ただし一度通った道は不安が払拭されますので、昨日よりは心理的に楽な気持ちで慎重に自転車で進んで行きます。上り坂が続き、途中からは自転車をおりて自転車を押しながら歩きます。


意外とあっさりと峠を超えて、今度は下り坂が続きます。やはり下り坂で思いっきりスピードを出すのは快感です。安全走行を心がけながら進んでいくと、高尾山口駅周辺に着きました。


実家に行くことになっているので、おみやげとして、「お饅頭」を買いました。お店の方とサイクリングの話で盛り上がった後、川口市に向けて出発します。甲州街道を昨日とは逆にひたすら東京方面に向かって進みます。


長距離サイクリング二日目ということもあり、徐々に疲労も増していきます。昼食は何を食べたか忘れてしまったのですが、甲州街道から環七に入り、今度は豊玉方面に進みます。途中でい「いくらこいでもまだまだ先だなー」とだんだん自転車にのるのが嫌になってきました。


「こんな時には休憩しよう」と思い、環七にあったジョナサンに入りました。しばらくゆっくりと休憩した後、更に川口市まで進みます。


そして遂に国道122号に入りました!ここまでくれば、もう少しで実家に着きます。その後、荒川大橋を進み、無事実家に到着しました!


我ながらよく頑張ってここまで来たなと思い、この日は実家で夕食をとり、ゆっくりしました。


「山梨から埼玉まで自転車できた」という言葉の響きの良さに満足して、この日は眠りにつきました。(編集長SG・記)

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2007/10/02 21:41】 | 徒然にサイクリング

東京から山梨までサイクリング その3

高尾山付近の山道を自転車を押しながら歩いていると、パトカーが巡回していました。いったん自分の脇を通った後、しばらくすると折り返し、またこちらに向かっています。


パトカーを止める場所があり、その後ゆっくりと自分に近づいてきました。あきらかに生涯2回目となる「職務質問」をされるんだなと思っていたところ、ものすごく優しそうな警察官の方から声をかけられ、「どちらに行くのですか?」と質問されました。


「上野原まで行きます。サイクリングをしています(実際には山道を自転車を押しながら歩いていますが。。)」と正直に答えると、「凄いですね。実は高尾山には家出をしてくる方や、変な話し、死ににくる方もいるんですよ。どちらからきましたか?」とさらに質問を受け、「都内のS区からきました。」と答えました。


さらに「それは凄いですね!ちなみに家出とかではないですよね?」「はい。いい歳した社会人ですから家出ではないですよ。」「念のためバックの中身をみせてもらっていいですか?」「どうぞ」「それではこの先も坂道が続きますので、ぜひ車に気をつけてくださいね。」と会話が続き、警察官の方はさっていきました。


実際に「自殺を考えてる方」が来るようで、とても優しそうで丁寧な言葉遣いをされる警察官の方でした。


無事に開放され、坂道を自転車を押して歩いていると、けっこう後ろから車が追い越していきます。歩道はないので、怖さもありますが、なるべくドライバーの方に迷惑にならないように進んでいきます。時に自転車をこいだり、そして歩いたりを繰り返していくうちに、とても苦しく、不安になってきました。


「大変なところにきてしまったなー」と思いつつ、さらに頑張って一歩一歩前に進んでいきます。


すると遂に、峠の頂上についたようで、その後はおもいっきり下り坂が続きます。苦しかった上り坂が終わり、下り坂でおもいっきりスピードを出す爽快感は格別のものがありました。そうです。まるで人生の縮図のように感じました!


人生は時に壁にぶつかり、思い悩み苦しむこともあります。でもその壁をのりこえたときに、充実感や成長した自分を実感することがあります!


このサイクリングは人生の縮図だ!!と少々ハイテンションモードになる位、気持ちがいい下り坂でした。ただ、完全に自動車と同じ車線をヘルメットもかぶらずに走っていますので、転倒したら大きな事故になってしまうので、注意も必要です。


その後は、上り坂と下り坂が交互にあって、苦しい思いも沢山しましたが、なんとか無事に「ルートイン上野原」に到着しました。山の景色はとても綺麗でしたが、大変危険が伴う旅となりました。


ホテルにチェックイン後は、おまちかねの大浴場につかり、サイクリングの疲れを癒します。夕食は近くの和食のお店に入り、ビールを飲みながら、満足のいく食事をすませました。


この日は「山道のサイクリングは恐ろしい」という思いが強くインプットされました。
(編集長SG・記)

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2007/09/29 21:31】 | 徒然にサイクリング

東京から山梨までサイクリング その2

2006年10月某日。東京某区の自宅から山梨県上野原市までおよそ60キロのサイクリングの日を向かえ、朝自宅をでました。甲州街道にでてからは、ひたすら甲府方面へペダルをこぎます。


環七、環八を超えて、千歳烏山、そして以前住んでいた調布を通ります。個人的に京王線が好きで、京王線沿いに住んでいたので地理に詳しいエリアをすすみます。


府中を越えて、多摩市に入ります。途中歩道の幅が狭い道があり、ゆっくりと自転車で通ります。そして多摩川を渡り、日野市に入りました。本日のランチは日野駅前のマクドナルドを利用して、ゆっくり休憩をした後、さらにペダルをこぎます。


八王子駅周辺を通り、高尾駅前も通過します。今回は全く道に迷う心配がありません。ひたすら甲州街道を下ります。


そして遂に高尾山口駅前に到着しました。コンビニで水分補給をして、ふとジーンズの裾を見ると、黄色い何かの幼虫がついていました!!「気持ち悪!!」と思い、すかさず葉っぱを利用して、ジーンズから離しました。周囲はすっかり山の様相です。


そうです。今回のサイクリングはここから高尾山脇の山道をひたすら登り、大垂水峠を越えるという難関がまちかまえていたのです。


我らがTeam29が誇る、監督系キャラの特派員ATとは全く違い、このサイクリングではろくに下調べをせずに、行き当たりばったりでこの無謀な旅を企画してしまいました。


坂道を登り始めると、当然のように自転車をこぐことができなくなり、自転車を押しながら歩かなければいけない状況になってしまいました。


ロードバイクにのっているプロ級の方たちは、そんな道でも自転車をこいでいました。「凄いなー」と思いつつ、「トートバック入り前カゴ付きの、無印良品版クロスバイク」を押しながら山道を登っている自分は完全に「変わっている人」状態です。


そんな中、一台のパトカーがこの山道を巡回していました。。次回に続きます。。(編集長SG・記)

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2007/09/26 22:59】 | 徒然にサイクリング

東京から山梨までサイクリング

2006年の10月の三連休を控え、一泊でのサイクリングを計画することにしました。


いつも目的地を決めてからビジネスホテルを予約しますが、ルートインという全国展開しているビジネスホテルは価格も一泊6,000円前後とリーズナブルで、しかも大浴場つきという優れたホテルです。


サイクリングで疲れた体を癒すのに、大浴場を利用するのはうってつけです。


Webで検索をすると、山梨県の上野原にあるのが確認できました。山梨県の中でも一番東京よりに位置している上野原までサイクリングをするのも悪くないなと思い、「東京から山梨までサイクリングをする」という言葉の響きの良さに憧れ、「ルートイン上野原」を予約することにしました。


道路状況を確認すると、甲州街道をひたすら下ると上野原に到着します。山道の大変さなどあまり考慮せずに、軽い気持ちで計画をたてました。


ちなみに甲州街道をずっと下ると、同年6月に実施された、「Team29 in 高尾山」のイベントを実施した際に、特派員AT及びBTと行ったことのある、高尾山口駅の前も通ります。


通常、長距離サイクリングの前には、予め脚力を鍛える為に自転車には頻繁に乗りますが、この時は、これといった走りこみもせずに、上野原まで行くこととなりました。


三連休を利用した、2006年10月某日。いよいよ出発の朝を向かえました。


しかしこのサイクリングでは予想よりはるかに激しいサイクリングとなることは、朝の段階では予想していませんでした。


神奈川県の辻堂、平塚と無事に長距離サイクリングを成功させていたので、もしかしたら自分自身の中に、「サイクリングをなめている」部分があったのかもしれません・・・(編集長SG・記)

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2007/09/24 21:39】 | 徒然にサイクリング
次のページ

ブログ内検索

特集記事別

 ・自転車へのカメラ取り付け
 ・初めての折りたたみ自転車選び
 ・つくばりんりんロード
 ・レンタサイクルのあるサイクリングロード

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

自転車ライフに役立つかも

プロフィール

team29

Author:team29
Team29チャレンジへようこそ!
■メンバー紹介を見る
■メールフォーム
---ランキング参加中---
趣味・スポーツの検索エンジン
シュミラン

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる