FC2ブログ
サイクリング情報-Team29チャレンジ
このサイトでは、Team29編集長のSGが関東近郊、やがては日本中を自転車で疾走、日本中そして世界中の自転車を愛する人に向けて、役立つサイクリング情報を提供していきます。

忘れられない一日 その2

2008年7月某日。後楽園ホールで新日本プロレスを観戦しました。


まずは第0試合、平澤光秀選手VS吉橋伸雄選手の戦いから始まりました。


新人の吉橋選手の踏まれても蹴られても歯を食いしばり、立ち向かって行く姿に早くも感動し、タイガーマスク選手の華麗な技に目を奪われ、G・B・Hの各選手の悪役ぶりには魅せられました。


そして、永田裕志選手VS後藤洋央紀選手のストロングスタイルの戦いの後、いよいよメインイベントの天山広吉選手VS飯塚高史選手のランバージャックデスマッチが始まりました。


注目していた天山選手のセコンドにはスーパー・ストロング・マシン選手と四名の若手選手がつくことになり、ひとまず安心して試合を見ていました。


試合は天山選手が攻め込むと、G・B・Hのセコンド陣が試合に介入して、天山選手の攻勢を止めるという展開が続きました。


この日は特別リングサイド席を購入していたため、すぐ近くにG・B・Hの矢野通選手や邪道選手がいたので、天山選手を応援するために来た自分は、両選手を物凄い形相でにらみつけました。


しかし「痛い客がいる」とでも思っているのか、両選手はなかなか目を合わせてくれません。。


戦いは進み、場外に置いた机の上に、天山選手が飯塚選手を担ぎあげたまま落とすという荒技を出し、飯塚選手をリング上に戻した後は、天山選手の必殺技、アナコンダバイスという絞め技が炸裂しました!!


リングに上がろうとするG・B・Hの選手達を、天山選手のセコンド陣が必死に食い止め、飯塚選手が無念のギブアップ!


天山選手の勝利となりましたが、勝利の余韻を消すかのように、真壁刀義選手や矢野通選手が天山選手に殴りかかかります。。


「なんだよ~!結局勝っても負けても天山選手がボコボコだよー!!」と見ていると、疾風のごとく、一人の男がリングに駆け込んできて天山選手を救出しました!!


その男の名前は、全日本プロレスに所属する小島聡選手です。


小島選手は元々新日本プロレスに所属していた選手で天山選手とタッグを組み、「テンコジ」と呼ばれ、一時代を築いたかつての名タッグパートナーです。


小島選手は天山選手を救出した後、マイクをつかみ、G・B・Hを挑発。G・B・Hが退散した後は、ここのところ元気がなかった天山選手に対して、「これからもやれるのか?」と返答を求めました。


マイクを持った天山選手は「やれるよ!G1もIWGPのベルトも狙うし、まだまだやっていく。コジ、二人でもう一度この業界を盛り上げていこう!」という旨の発言をして、数年ぶりに「テンコジ」というタッグチームを復活していきたいという意向を示しました。


小島選手は試合後、「友達が困っているから助けに来た」とコメントを残していますが、飯塚選手との「即席友情タッグ」では飯塚選手に裏切られた天山選手ですが、かつての盟友である小島選手との「真の友情タッグ」は時が経っても繋がっていたという展開になりました。


最後に天山選手から観客のみんなに対して感謝の気持ちを述べるマイクアピールがあり、この日の興行は終了となりました。盛り沢山の内容で、ほとんどの観客が満足して会場を後にしたと思います。


この日の「テンコジ」の展開を自分に置き換えると、自分の職場などで壁にぶつかり困っていた時に、特派員ATやBTが助けにきてくれたような感じだと思います。。


「永遠にテンコジ!」、そして「永遠にTeam29!」という言葉が胸に刻まれた一日となりました。「永遠」という言葉は儚く脆い言葉かもしれませんが、キラキラとした輝きを感じる言葉だと思います。
(編集長SG・記)


201229ラクーアイルミ
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2008/12/29 20:40】 | 忘れられない一日

忘れられない一日

2008年も残り少なくなりましたが、どうしても「忘れることができない日」がありますので、今回はそのネタを記載したいと思います。


2008年7月某日。およそ3年ぶりに新日本プロレスを観戦することになりました。


小学生の時からプロレスが大好きで、その頃から「週刊プロレス」という雑誌や新日本プロレスのサイトでプロレス界の情報収集をしています。


そんな中で、新日本プロレスの天山広吉(テンザンヒロヨシ)選手がピンチにおちいっている事が判明しました。


事の顛末を簡単に振り返ると、「G・B・H(グレートバッシュヒール)」という悪役のグループがあり、もともと天山選手がリーダーで活動していたグループなのですが、そこから天山選手が脱退することになり、天山選手とG・B・Hの選手達との抗争が始まりました。


天山選手個人と六人位いるG・B・Hとの戦いで、天山選手は孤独の戦いを強いられ、苦戦を続けていましたが、そんな状況の中、飯塚高史選手が、天山選手に手を差し伸べ、二人は友情タッグとして共闘することになりました。


そしてG・B・Hの真壁刀義選手、矢野通選手が保持するIWGPタッグのベルトに天山選手、飯塚選手が挑戦することになりましが、ここで飯塚選手が天山選手を試合の途中で裏切り、試合は天山選手の敗北。なんと裏切った飯塚選手はG・B・Hに加わることになりました。


そこから今度は天山選手と飯塚選手の抗争が開始。再び天山選手個人対G・B・Hという構図になり、日々天山選手の苦闘が続きました。


そして2008年7月某日。後楽園ホールで天山選手と飯塚選手が、「ランバージャックデスマッチ」というルールで戦うことになりました。


この試合のルールは場外に落ちた選手を、それぞれの選手のセコンドについた選手たちが、リング上に押し上げ、リングの上で完全決着をつけるというルールですが、G・B・H以外の新日本の選手達からも、なぜか天山選手は孤立していて、天山選手のセコンドにつく選手たちがいないと噂されていました。


天山選手は自分と同世代の選手で、若手時代からずっと見てきていますが、過去に数々のタイトルを獲得して、新日本を代表するトップレスラーの一人です。


そんな天山選手の味方がいない・・・。「よーし、本当にセコンドにつく選手がいないのなら、自分がセコンドについてやる!!」と妄想気味の思考がはたらき、スケジュールを調整して、この日は午後六時位に後楽園ホールに駆けつけました。


また、「何かが起こる!?」という予感もありましたが、内容は次回に続きます。
(編集長SG・記)


201223後楽園イルミ

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2008/12/23 15:16】 | 忘れられない一日

定年後はヨーロッパでサイクリング!?

以前、購入した本で、上林三郎著「定年欧州自転車旅行」という本があります。


著者の上林さんが60才で定年退職した後、およそ五ヶ月間でスウェーデンのストックホルムからモロッコのタンジールまで、自転車で旅行した際の旅日記が書かれた本です。


「夢があるな~」とワクワクしながら読みました。


一日で174キロも走ったり、何度もパンクしたり、風になやまされたり・・・と波乱万丈の旅日記です。


上林さんはスウェーデンからモロッコに向けて進んだそうなのですが、風向きを考慮すると、モロッコからスウェーデンに向かうコースの方がいいとのことでした。


その他にも東南アジアやアメリカ等も走破されていて、とても凄い方だなと思います。


今年に入ってから自分の仕事内容に変化があり、最近長距離サイクリングはしていませんが、日常と違う景色をみるだけでも、心身のリフレッシュになります。


それが、外国を駆け巡る旅ともなれば、いろいろなドラマがおき、感慨深いものがあると想像します。


現段階では実現の可能性は低いですが、夢の片隅に、「いつかヨーロッパでサイクリングをするぞ!」と置いておくのもいいかもしれません。


2008年の長距離サイクリングは静岡方面への二泊三日の旅だけとなりましたが、「年に一回ペースでもいいかな?」とも思います。


その為には健康で過ごし、仕事も頑張らなければと思います。ちなみに今年に入ってから体重が5キロ位減り、体調もさらに良くなったので、とてもいい一年でした。


これから年末に向けてTeam29のイベントも控えていますし、夢を持ちながら、日々進んでいきたいと思います。
(編集長SG・記)


201215ドームイルミ




テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2008/12/15 13:00】 | 自転車 情報源

SOPHIAライブ2008 NHKホール

またまたSOPHIAネタですが、2008年11月某日。SOPHIAのライブがNHKホールであるので行くことにしました。


11時過ぎに自宅を出発後、まずは新宿に向かい久しぶりに山頭火の「しおらーめん」を食べました。


新宿三丁目付近を散策後、カフェでアイスコーヒーを飲み、一件買い物をした後に、地下鉄でNHKホールに向かいました。


この日は風が強く、NHKホール付近は落ち葉が散乱していました。

201209NHKホール付近


薄着で来て寒かったので、早めに会場に入り開演を待ちます。


今回は三階席の一番後ろの席でしたが、会場全体を見渡せる場所で「これはこれでいいな」という感じです。


ライブが開始となり、いよいよ音楽の素晴らしさを満喫する時間となりました。


「黒いブーツ」は毎回ライブで聞かせてくれる曲ですが、曲にあわせて「振り付け」があり、自分も地味ながら毎回楽しんでいます。


今回の秋からのライブツアーで「Eternal Flame」は本当に大好きな曲になりました。薄暗い照明で演奏されていた中で、不意にジルさんにスポットライトがあたり、ギターを奏でる姿があらわれた時は、とても感動しました。


「旅の途中」の演出もすばらしく、「そして優しく」の歌詞も大好きです。新しいアルバムのリリースを心待ちにしています。


後半に入り、「蜘蛛と蝙蝠」もなじみの曲ですが、ますますいい曲に思えてきました。「Kissing blue memories」では、なんといってもクロさんの見せ場がかっこいいです。


ちなみにMCで、トモさんの見せ場が少ないという話がありましたが、自分は「CIRCUS」という曲を演奏している時のトモさんは本当にかっこいいなと思います。


新曲「やめたりできない」、「in the future」、「BANDAGE」と続き、ライブは終了となりました。


ライブ終了後、観客のみんなからの拍手がやまず、まさにスタンディングオベーションという感じで、一番後ろの席から見ていると、映画のワンシーンのようでした。


MCの中で松岡さんが「以前の考え方は間違っていた。今はこう思う。」という趣旨の話をしていましたが、とても人間味があって共感できました。


日々正しいと思って決断していることも、年数がたてば誤りに気づき、答えが変わっていくことは誰にでもあると思います。


これからも一歩一歩進んでいくためには、時にはSOPHIAのライブに参加して、音楽の素晴らしさに触れることは、とても有意義な時間の使い方だと思います。


ライブ終了後、数日間は「SOPHIA病」のような現象がおき、SOPHIAの楽曲のことばかり考えている日々が続きました。


サイクリングブログとしての位置づけの当ブログですが、サイクリング・・・。しばらくしていません!!(笑)


(編集長・SG記)


201209落葉

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2008/12/09 15:41】 | SOPHIA

札幌を散歩

2008年11月某日。前日にSOPHIAのライブがあり、そのまま札幌に滞在しているので、札幌市内を散歩することにしました。


朝9時に宿泊していたルートイン札幌北口で朝食をとり、10時にチェックアウト。


せっかく札幌に来たので観光してもよかったのですが、前日からの疲れがあったのと、11月の札幌はとても寒かったので、おとなしく駅ビルにあるカフェに入りました。


自分は無類の「アイスコーヒー好き」で、体が冷える前でしたので、札幌でもアイスコーヒーを注文して窓際の席をキープしました。


201202札幌カフェ



本を読んだりしながらゆっくりとした時間を過ごし、札幌駅周辺を散歩することにしました。


しばらく行くと、前日に発見できなかった、「うにむらかみ」というお店を発見しました。


前日から豪華な食事が続き、昼食は簡単なものでいいと思っていたのですが、今回初めての北海道上陸で楽しみの一つにしていたのは、生涯初の「ウニ丼」を食べることです。


「どうしようかな~」と思いましたが、「生ウニ丼ハーフ」を食べることを決意して、少し早めの昼食をとることにしました。


店内は高級店という感じで、落ち着きます。ハーフを注文したので、食事の量は少なかったのですが、今まで食べたことがある「ウニ」とは一味違い、とても甘みがあります。


「うーん、北海道のウニは違うな~」と実感することができました。


昼食後さらに市内を歩きましたが、寒さもあり、ネットカフェに入ることにしました。


店内では本ブログにアップする文章を作成するなど、旅先で貴重なインターネットの利用を2時間程しました。その後再び札幌駅に戻ります。


軽く雪が舞う中を歩き、予定時刻より少し早いのですが、新千歳空港に向かうことにしました。


新千歳空港に到着後、今話題の花畑牧場の生キャラメルを購入するために、空港内にある花畑牧場のカフェに入りました。


このカフェで1,470円のセットメニューを注文すると、行列に並ばなくても、生キャラメルを購入することができます。


おいしくいただき、無事に生キャラメルを購入した後は、別件のおみやげを少々購入して、空港内でゆっくりと過ごしました。


SOPHIAライブを中心に、とても豪華な気分転換ができた休日となりました。
(編集長SG・記)

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2008/12/02 12:52】 | ウォーキング

ブログ内検索

特集記事別

 ・自転車へのカメラ取り付け
 ・初めての折りたたみ自転車選び
 ・つくばりんりんロード
 ・レンタサイクルのあるサイクリングロード

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

自転車ライフに役立つかも

プロフィール

team29

Author:team29
Team29チャレンジへようこそ!
■メンバー紹介を見る
■メールフォーム
---ランキング参加中---
趣味・スポーツの検索エンジン
シュミラン

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる