FC2ブログ
サイクリング情報-Team29チャレンジ
このサイトでは、Team29編集長のSGが関東近郊、やがては日本中を自転車で疾走、日本中そして世界中の自転車を愛する人に向けて、役立つサイクリング情報を提供していきます。

新日本プロレスと誠心会館の抗争 前編

今回は心に残る、かつての新日本プロレスのストーリーについて記載します。そのストーリーは1992年に行われた、新日本プロレスと空手の誠心会館という団体の抗争についてです。


今から20年前の話ということで、自分が覚えている範囲での記述となりますが、この抗争の始まりは、ある会場で誠心会館の選手が、新日本プロレスの小林邦昭選手と控え室で揉め事を起こし、抗争が開始するという、些細な事から闘いが始まるというストーリーでした。


東京ドームで誠心会館のメンバーが新日本プロレスに宣戦布告をすると、数日後、まず当事者である小林選手と誠心会館の実力NO.1、斉藤彰俊選手が闘うことになりました。


この闘いでは小林選手が負傷して敗北するという、ショッキングな結末となり、週刊プロレスという雑誌では、「プロレスが空手に負けた」などと当時の新日本プロレスファンの心理を煽る、屈辱的な表現が使用されました。


負傷した小林選手の仇をとるために、次の闘いで新日本プロレスは、当時若手選手だった小原道由選手を抜擢して、斉藤選手に挑む事になりました。


しかしこの闘いでも小原選手が斉藤選手の蹴り技などで血の海に沈められ、新日本が連敗する結果となりました。


この一連の闘いでは、通常のプロレスの試合とは異なり、果し合い的な位置づけの為、選手の入場シーンでは入場テーマの音楽は使用されず、観客の歓声で盛り上がる中、両陣営が入場するという演出が使用されました。この演出がさらに“リアル感”を醸し出し、闘いを盛り上げることになりました。


そしてこの闘いの輪に、新日本の越中詩郎選手と誠心会館の田尻茂一選手も加わり、タッグマッチ形式での闘いなども行われました。


徐々に新日本が盛り返していき、一連の抗争は両国国技館で小林選手対斉藤選手の因縁の対決が行われ、今度は小林選手が斉藤選手を大流血に追い込み、小林選手が勝利となり、新日ファンが歓喜することになりました。


続く千葉での闘いでは、越中選手と誠心会館の館長である青柳政司選手の闘いが行われ、青柳選手はこの闘いに負けたら誠心会館の魂が入り込んでいる、道場の看板を新日本プロレスに差し出すという決意を表明し、まさに“命を掛けた”闘いとなりました。


しかしこの闘いでは、越中選手が青柳選手をドラゴン・スープレックスで投げ捨てるなどして、越中選手の完全な勝利となり、一連の抗争は新日本に軍配が上がり、抗争は終結することになりました。


勝利を喜ぶ新日本の控え室では、当時の現場最高責任者である長州力選手が、小林選手達に誠心会館から奪い取った道場の看板を「返してこい」と指示を出し、控え室で長州選手が斉藤選手達に遭遇すると、「お前達素晴らしいよ」と気迫溢れる闘いを称えるシーンがありました。


すると一連の抗争で張り詰めた空気の中、心身をすり減らし闘い続けていた斉藤選手の目には涙が溢れるというシーンが週刊プロレスなどで報道されました。


この闘いを通じて意気投合した小林選手、越中選手と斉藤選手、青柳選手は反選手会同盟というグループを結成することになり、後に平成維新軍と改名して選手も増員。浮き沈みの激しい新日本のリングでおよそ7年に渡り活動するというビック・ムーブとなりました。


次回はこの一連のストーリーの中で、自分が忘れることが出来ない名場面がありますので、ピックアップして記載していきます。
編集長(SG・記)
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2012/04/27 14:00】 | 忘れられない一日

福島市を満喫

米沢駅から新幹線で福島駅に到着しました。


120421-1.jpg


福島駅周辺を散歩していると、駅前に花時計があったので写真を撮りました。


120421-2.jpg


撮影後、周辺を見渡すとリーズナブルな美容室があることに気づき、髪を切ることにしました。担当してくれた女性はとても丁寧にカットしてくれました。


美容室を出るとコーヒーが飲みたくなり、スターバックスに入りました。落ち着く席をキープすることが出来たので、ゆっくりと読書をしたり、パソコンで文章作成などをしました。


そろそろ一杯飲もうかなと思い、スタバを出で歩いていると、良い感じの居酒屋を発見しました。前日から豪華な食事が続いていたので、軽く飲もうと思い、かんぱちの刺身を注文すると、厚めに切ってあったかんぱちは、とても美味しかったです。


120421-3.jpg


びっくりするくらいのお手軽料金で居酒屋を後にすると、続いてラーメンの看板があるお店に入りました。


ラーメン屋というよりは小料理屋の雰囲気のあるこのお店に入り、おすすめと書かれていた塩ラーメンを注文しました。お店の中には自分とラーメンを作ってくれた少し年上と思われる女性だけだったので、「写真を撮っていいですか?」と聞いてから、塩ラーメンの撮影をしました。


120421-4.jpg


するとこの会話がきっかけとなり、お店の女性は色々な話をしてくれました。


昨年の東日本大震災があった翌日からこのお店を営業していたことや、地震直後は遠方に水を汲みにいっていたこと。福島原発の仕事をしている方が、「俺は先が長くないから・・・」と捨て身で作業に取り組んでいる姿勢についてや、ベクレルとシーベルトの単位の違いについて。風評被害についてや多くの誹謗中傷を受けたことについてなど、時折ジョークを交えながら、明るく、葱をきざみながら、話をしてくれました。


まるで昔からの友人であったかのように、埼玉県から来た自分に対し、福島県で過ごしていた日々の事を語ってくれました。


塩ラーメンを美味しくいただいた後、「ママさん、良い話をするし、雰囲気もいいから、もてるでしょうね。また必ず来ます」と言って、店を後にしました。


店を出るとこの日は強めの風が吹いていて、その時自分の胸の中では、SOPHIAの「この風に吹かれながら」という曲が流れていました。


思いもよらず福島で、現在の日本が抱えている問題の“生の声”を聞く事が出来て、この日は2012年の忘れられない一日となりました。


前日に新潟でへぎそばを食べて、SOPHIAのライブをライブハウスで堪能し、この日は米沢市と福島市でのんびりする事が出来た、素晴らしい旅となりました。ママさんの話、感動しました。話を聞かせてくれたことについて、深く感謝しています。
(編集長SG・記)


120421-5.jpg

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2012/04/23 14:00】 | 忘れられない一日

米沢城址を観光

米沢駅前から米沢城址に向かって小雨の中を歩いていくと、地元では上杉神社という名称の方が馴染みがあることが分かりました。


途中の橋の上から写真を撮り、


120417-1.jpg


約20分歩くと、米沢城址に到着しました。


120417-2.jpg


上杉鷹山の銅像があり、


120417-3.jpg


有名な言葉の石碑がありました。


120417-4.jpg


優秀な人物が祀られた、歴史を感じさせる風景を観光しました。


120417-5.jpg


120417-6.jpg


米沢城址内にあった売店で、赤ワインを飲んだりして一息入れると、まだまだ時間がありました。この日はJR東日本のおトクなきっぷを手配していて、21時前に福島駅から新幹線に乗る予定だったので、「とりあえず福島駅に向かってみようかな」と思い、米沢駅に戻りました。


12-417-7.jpg


次回、福島での観光の模様を記載しますが、旅は意外な展開へと進みました。
(編集長SG・記)


120417-8.jpg

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2012/04/17 20:53】 | ウォーキング

新潟県から山形県米沢市へ

新潟遠征二日目。この日は一日中時間がとれる状況だったので、事前に自宅で地図を見ていると、山形県米沢市に米沢城跡があることに気づいたので、電車で行ってみる計画を立てました。


前日に新潟駅で時刻表を見ていると、午前9時前に米沢駅行きの電車があることがわかりました。


当日の朝、新潟駅前のホテルをチェックアウトしてから、ローカル線で米沢駅を目指す旅が始まりました。


雪山の中をゆっくりと進んでいく車内から、写真を撮りました。


120412-2.jpg


急ぐ旅でもないのでのんびりと、初めて乗る電車の中から雪景色を楽しみました。


120412-1.jpg


正午前にようやく米沢駅に到着しましたが、この日の天気は雨でした。しかし小雨なので、ウォーキングや観光にはさほど支障が無い天気でホッとしました。


まずは米沢駅前で、米沢牛のお店に入り、早めのランチを楽しむことにしました。


瓶ビールと米沢牛のハンバーグ定食をオーダーすると、ブランド牛らしく、さすがの味でした。


120412-3.jpg


「豪華な昼食だったな」と思いながら、米沢城址に向かって歩き出しました。
(編集長SG・記)


12041204.jpg

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2012/04/12 14:52】 | Team29

SOPHIA TOUR 2012 Peter Pan Syndrome night 新潟LOTS

2012年3月某日。新潟LOTSでSOPHAのライヴが行われました。新潟駅前のホテルにチェックインしていたので、ホテルに上着や荷物を置いたまま、身軽な格好で新潟LOTSに向かいました。


いつものライヴより比較的スムーズに入場すると、ライヴハウスらしくステージが近く、こんなコンパクトな会場でSOPHIAのライヴを観るのは初めてだなと思いました。


中央後方、やや下手よりの柵のところに男性がいたので、その人の隣のポジションに立ち、開演を待ちました。


N.S.D.Pのライヴを観にいくと、必ず開演前にライヴハウス内でビールを飲むのですが、条件反射のようにビールを飲みたくなりました。しかし次々とオーディエンス達が入場してくるので、ビールを買いに行くとこのポジションでライヴを観ることが出来なくなるなと思い、ビール抜きで辛抱強く、時間が過ぎるのを待ちました。


いよいよライヴが開始となりましたが、とにかくステージが近いなと思い、嬉しくなりました。


セットリストも前回の三郷でのライヴと異なり、SOPHIAの音楽に魅了されました。


この“ハコ”でSOPHIAの音楽を聴く事が出来る喜びは、多大なるものがあり、SOPHIAファンの自分にとっては素晴らしい時間となりました。


楽しい時間にも必ず終わりが来るもので、あっという間にライヴが終了となりました。


新潟LOTSからホテルに戻る途中にスーパーで夕食を買ったのですが、モチモチとした食感の赤飯はとても美味しかったです。


この日の夜はライヴの余韻に浸りながらホテルでゆっくりと過ごし、楽しい一日が終わりました。
(編集長SG・記)


120409.jpg

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2012/04/09 14:57】 | SOPHIA

新潟市でサイクリング

新潟駅近くのホテルにチェックインすると、レンタサイクルがあることに気づきました。


せっかくだから自転車に乗ろうかなと思い、ホテルのフロントでレンタサイクルの手続きをすると、無料でこの自転車を貸してくれました。


120406-1.jpg


「古っ!」と思いながらも久しぶりに自転車に乗り、本日のSOPHIAのライヴが行われる、新潟LOTSの前などに行きました。


120406-2.jpg



近くにあったスーパーで缶コーヒーを購入して、再びホテルに戻り、自転車を返却した後は、当ブログの文章作成をするなど、ゆっくりとくつろぎました。


今回宿泊したホテルはリーズナブルな金額でしたが、なかなか良いホテルだなと思いました。
(編集長SG・記)


120406-3.jpg

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2012/04/06 15:09】 | 新潟県でサイクリング

新潟市を観光

2012年3月某日。SOPHIAのライヴが新潟であり、チケットも入手することが出来たので、新潟に行くことになりました。


仕事の都合でこの日は数年ぶりに新幹線に乗ったのですが、「新幹線速いなー」と、当たり前の事を感じました。


上越新幹線の車窓から雪景色を見ていると、


120402-2.jpg


あっという間に新潟駅に到着しました。


駅前で花の写真を撮り、


120402-3.jpg


新潟の名産品を購入しました。


120402-4.jpg


せっかく新潟に来たので、へぎそばを食べようと思い、駅近くのホテル1Fにあるお店に行きました。


さっぱりとした蕎麦と天ぷらはとても美味しかったです。


120402-5.jpg


今回の遠征の模様は、しばらく続きます。
(編集長SG・記


120402-1.jpg

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2012/04/02 14:57】 | Team29

ブログ内検索

特集記事別

 ・自転車へのカメラ取り付け
 ・初めての折りたたみ自転車選び
 ・つくばりんりんロード
 ・レンタサイクルのあるサイクリングロード

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

自転車ライフに役立つかも

プロフィール

team29

Author:team29
Team29チャレンジへようこそ!
■メンバー紹介を見る
■メールフォーム
---ランキング参加中---
趣味・スポーツの検索エンジン
シュミラン

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる