FC2ブログ
サイクリング情報-Team29チャレンジ
このサイトでは、Team29編集長のSGが関東近郊、やがては日本中を自転車で疾走、日本中そして世界中の自転車を愛する人に向けて、役立つサイクリング情報を提供していきます。

忘れられない一日

2008年も残り少なくなりましたが、どうしても「忘れることができない日」がありますので、今回はそのネタを記載したいと思います。


2008年7月某日。およそ3年ぶりに新日本プロレスを観戦することになりました。


小学生の時からプロレスが大好きで、その頃から「週刊プロレス」という雑誌や新日本プロレスのサイトでプロレス界の情報収集をしています。


そんな中で、新日本プロレスの天山広吉(テンザンヒロヨシ)選手がピンチにおちいっている事が判明しました。


事の顛末を簡単に振り返ると、「G・B・H(グレートバッシュヒール)」という悪役のグループがあり、もともと天山選手がリーダーで活動していたグループなのですが、そこから天山選手が脱退することになり、天山選手とG・B・Hの選手達との抗争が始まりました。


天山選手個人と六人位いるG・B・Hとの戦いで、天山選手は孤独の戦いを強いられ、苦戦を続けていましたが、そんな状況の中、飯塚高史選手が、天山選手に手を差し伸べ、二人は友情タッグとして共闘することになりました。


そしてG・B・Hの真壁刀義選手、矢野通選手が保持するIWGPタッグのベルトに天山選手、飯塚選手が挑戦することになりましが、ここで飯塚選手が天山選手を試合の途中で裏切り、試合は天山選手の敗北。なんと裏切った飯塚選手はG・B・Hに加わることになりました。


そこから今度は天山選手と飯塚選手の抗争が開始。再び天山選手個人対G・B・Hという構図になり、日々天山選手の苦闘が続きました。


そして2008年7月某日。後楽園ホールで天山選手と飯塚選手が、「ランバージャックデスマッチ」というルールで戦うことになりました。


この試合のルールは場外に落ちた選手を、それぞれの選手のセコンドについた選手たちが、リング上に押し上げ、リングの上で完全決着をつけるというルールですが、G・B・H以外の新日本の選手達からも、なぜか天山選手は孤立していて、天山選手のセコンドにつく選手たちがいないと噂されていました。


天山選手は自分と同世代の選手で、若手時代からずっと見てきていますが、過去に数々のタイトルを獲得して、新日本を代表するトップレスラーの一人です。


そんな天山選手の味方がいない・・・。「よーし、本当にセコンドにつく選手がいないのなら、自分がセコンドについてやる!!」と妄想気味の思考がはたらき、スケジュールを調整して、この日は午後六時位に後楽園ホールに駆けつけました。


また、「何かが起こる!?」という予感もありましたが、内容は次回に続きます。
(編集長SG・記)


201223後楽園イルミ

スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2008/12/23 15:16】 | 忘れられない一日

ブログ内検索

特集記事別

 ・自転車へのカメラ取り付け
 ・初めての折りたたみ自転車選び
 ・つくばりんりんロード
 ・レンタサイクルのあるサイクリングロード

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

自転車ライフに役立つかも

プロフィール

team29

Author:team29
Team29チャレンジへようこそ!
■メンバー紹介を見る
■メールフォーム
---ランキング参加中---
趣味・スポーツの検索エンジン
シュミラン

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる