FC2ブログ
サイクリング情報-Team29チャレンジ
このサイトでは、Team29編集長のSGが関東近郊、やがては日本中を自転車で疾走、日本中そして世界中の自転車を愛する人に向けて、役立つサイクリング情報を提供していきます。

新日本プロレス「レッスルキングダムⅣ」に参戦

2010年1月某日。新日本プロレスの東京ドーム大会、レッスルキングダムⅣを観戦しに行きました。


5時から試合開始だったのですが、当日券を購入して1Fスタンド席に4時頃到着すると、東京ドーム内のオーロラビジョンでは、2009年の新日本プロレスの名場面が流れていました。


ここ最近はプロレスの動画を見る事がなく、雑誌やWebで情報収集をしているので、とても新鮮なおもいで映像を楽しく見ました。気持ちが高ぶりビールを飲んでいると、いよいよ試合開始となりました。


100128ドーム


まずは第1試合。獣神サンダー・ライガー、金本浩二、岡田かずちか VS スーパー・ストロング・マシン、井上亘、平澤光秀の闘いです。


オールドファンには懐かしい、カルガリーハリケーンズのテーマに乗ってマシン選手達が入場してきました。


私SGの師匠とも言える(?)ライガー選手の場外への飛び技などがありましたが、5分位で井上選手の勝利となり、あわただしく第1試合が終わりました。


続いて第2試合、IWGPジュニアタッグのタイトルマッチがあり、第3試合はIWGPタッグのタイトルマッチがありました。


第3試合では以前水道橋で偶然見かけ、優しい笑顔で握手をしてくれたジャイアント・バーナード選手の闘いを見ました。


第4試合は曙選手が出場するタッグマッチ、第5試合はテリー・ファンク、長州力、蝶野正洋、アブドーラ・ザ・ブッチャー選手などが出場するタッグマッチを見ました。お正月らしいマッチメークです。


会場内がほのぼのとした後に休憩が入り、休憩後は新日本プロレス対プロレスリング・ノアの対抗戦が始まりました。


第6試合、真壁刀義 VS モハメド・ヨネの闘いでは、真壁選手のキングコング・ニードロップが炸裂してヨネ選手に圧勝しました。


真壁選手はエリートではなく雑草のような逞しさで這い上がっていき、今のポジションを確立した現在自分が最も応援している選手の一人です。


GBHというグループがあり、ほとんどのメンバーが裏切り脱退していった中で、本間朋晃選手と「二人GBH」を名乗り、奮闘する姿は素晴らしいと思います。 


「真壁選手、何かあったら自分が助けに行くぜ!」と痛い妄想をしながら応援しました。


続いて第7試合タイガーマスク VS 丸藤正道のIWGPジュニアヘビーのタイトルマッチを見ました。


予想通り“ノアの天才児”丸藤選手の勝利となり、第8試合は棚橋弘至 VS 潮崎豪 の闘いです。


棚橋選手は本当に良い選手になったなと成長した姿に満足して、潮崎選手の素晴らしさも十分に堪能しました。


第9試合のGHCヘビー級タイトルマッチ、杉浦貴 対 後藤洋央紀の闘いは杉浦選手のタイトル防衛となりました。


後藤選手は惜しくもノアの至宝、GHCのベルトを巻くことはできませんでしたが、いつの日か必ず後藤選手の時代が来ることを確信するような闘いぶりでした。


そして本日のメインイベント第10試合、IWGPヘビー級タイトルマッチ、中邑真輔 VS 高山善廣の闘いが始まりました。壮絶な打撃戦となりましたが、中邑選手の必殺技ボマイエで勝負が決まり、見事に高山選手から勝利を奪いました。


さすが東京ドームでの興行だなと実感する、豪華なラインナップとなった本大会を観戦して、「2010年も頑張っていくぞ!」と闘魂注入ビンタを食らったかのような(?)元気をもらった一日となりました。
(編集長SG・記)


100128イルミ
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

【2010/01/29 13:27】 | Team29

ブログ内検索

特集記事別

 ・自転車へのカメラ取り付け
 ・初めての折りたたみ自転車選び
 ・つくばりんりんロード
 ・レンタサイクルのあるサイクリングロード

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

自転車ライフに役立つかも

プロフィール

team29

Author:team29
Team29チャレンジへようこそ!
■メンバー紹介を見る
■メールフォーム
---ランキング参加中---
趣味・スポーツの検索エンジン
シュミラン

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる