FC2ブログ
サイクリング情報-Team29チャレンジ
このサイトでは、Team29編集長のSGが関東近郊、やがては日本中を自転車で疾走、日本中そして世界中の自転車を愛する人に向けて、役立つサイクリング情報を提供していきます。

第7試合

第7試合はスペシャルシングルマッチ、後藤洋央紀 VS 柴田勝頼の闘いです。この二人は三重県立桑名工業高校の同級生で共にレスリング部に所属し、プロレスラーになることを夢見ていたとの事です。


柴田が先に新日本プロレスに入門するものの、2005年に退団して総合格闘技の世界に転身。対する後藤は新日本プロレス一筋で2008年にG1クライマックスで優勝するなどトップグループで活躍。柴田が2012年に新日本プロレスに戻ってくると、翌年シングル初対決が実現。しかし8月に後藤は顎の骨を骨折して、今回東京ドームで復帰するという流れがあります。


昨年からテレビなどでこの二人の闘いを見る機会がありましたが、見ていて感じることは、「こいつとだったら俺が求めている闘いを、遠慮なく出来るんだ」ということを両者が思っているのではないかということです。


とにかく激しく打ち合い、技を避けることはせず、全身全霊で相手の技を受けます。この日もキックとラリアットを打ち合い、共にカウントワンで返すシーンやバックドロップを受けてもすぐに立ち上がり、相手に向かっていく闘いを見ることができました。


柴田は昨年の“イッテンヨン”ではヒールとしての扱いでしたが、今年はそんなことはなく、今彼を見ていると、新日本伝統の「ストロングスタイル」という言葉が一番似合うのは、柴田かもしれないなということです。


試合は後藤の昇天・改が決まり、柴田から初勝利をあげました。リング上でお互い倒れたまま会話をして、退場する際には柴田が後藤に駆け寄り、二人で肩を組み通路を歩いていきました。


高校時代の同級生と東京ドームで闘い、プロレスファンを熱くさせているこの二人。誰が何と言おうと、この二人は二人にしか分からない“情”があり、言葉に表すならば“真友”なんだと思います。2014年、カッコいい後藤と柴田の友情に注目していきます。
(編集長SG・記)
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

【2014/01/21 14:00】 | Team29

ブログ内検索

特集記事別

 ・自転車へのカメラ取り付け
 ・初めての折りたたみ自転車選び
 ・つくばりんりんロード
 ・レンタサイクルのあるサイクリングロード

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

自転車ライフに役立つかも

プロフィール

team29

Author:team29
Team29チャレンジへようこそ!
■メンバー紹介を見る
■メールフォーム
---ランキング参加中---
趣味・スポーツの検索エンジン
シュミラン

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる